アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
見聞き感じたままを率直に冷静に
ブログ紹介
体力も気力も下り坂にさしかかった今、少しでも踏みとどまれるよう、いろんなことに関心を持ち続けたい。あふれる情報の中で事実と真実は何かを峻別できるよう、長い歴史の中で培われた英知に学び、冷静で科学的な判断と行動ができるようにしたい。そういう心構えで、ジャンルは問わず、書きたいと思ったことを随時記していきたい。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「蜜蜂と遠雷」のすばらしさ〜NHKの2本の番組によせて〜
 恩田陸さんの小説「蜜蜂と遠雷」が直木賞と本屋大賞をダブル受賞して2年。1月14日にはNHKBS103で“「蜜蜂と遠雷」 若きピアニストたちの18日”という番組が放映された。小説にある「芳ヶ江国際ピアノコンクール」のモデルといわれる「浜松国際ピアノコンクール」である。昨秋開催された節目の第10回目の模様を中心に、随所に小説の朗読を挟みながら、コンクール応募者のうち国籍・年齢・経歴の異なる数人をクローズアップして、なぜピアノをやるようになったのか、ピアノの先生との出会いやエピソードなどを織り交ぜた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/20 21:49
沖縄との連帯の広がり
 12月14日に生き物の楽園といえるあのきれいな沖縄の海に土砂を投入するという暴挙が強行された。沖縄の県民が県知事選挙ではっきり示した辺野古新基地No!の民意を土足で踏みつけ、黙って従えといっているようだ。地方自治も民主主義もないがしろにし、沖縄防衛局を“私人”仕立てての不服申し立てに至っては、国民が行政から被った不利益の救済が目的のはずである法律の趣旨もかまったことではないという、およそ法治国家では考えられないような自作自演までして、権力を使って強引にやって既成事実にすれば、県民が諦めるとでも... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/20 22:20
憲法詩と音楽と〜日弁連とゲルギエフに「ありがとう」
 朝日新聞の確か11月21日付だったと思うが、そこに「憲法ソング、小1が大賞 茨城の7歳が詩、谷川賢作氏が曲」という記事を見つけた。面白そうだと思い、主催の日本弁護士連合会のホームページを覗くと、詳しい案内が載っていた。主旨はおおよそ「古希」を超え、なお平和と人々の自由、人権を支え続けている日本国憲法。 その理念・役割を評価し,大切さを謳う <憲法詩(ポエム)>を募集します。 大賞受賞作品は、谷川賢作さんが曲をつけて<憲法歌(ソング)>になります。 広く末永く歌い継がれるものにしたいと思い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/19 22:04
教育の現状は?(戦後の流れも含めて)
 去る10月27日に「大阪を知り・考える市民大集会 PARTV 前川喜平さんと考える『公共と教育の"未来図"』」という催しに参加した。はじめに元大阪市長の平松邦夫さんが東日本地震の救援活動を例に、「公」の大事な役割について話された。前川さんは冒頭で「公」の意味について説明された。「公」の訓読みは「おおやけ」だが、それは「大きな家」ということで、教育勅語の考え方は、国を一大家族国家に見立てた。そこでは天皇が父親で臣民である国民は子(赤子)とされた。一方で家族は小さな国で、家長である父親が“天皇”に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/15 20:46
大阪の中学生チャレンジテストに関わって
 10月25日付の朝日新聞(大阪)に「匿名証言者の特定迫る 箕面市学校教育監、市議に」という見出しで次のような記事があった。  大阪府箕面市教育委員会の石橋充久・学校教育監(副部長級)が、市議会の一般質問で匿名教員の声を紹介した村川真実市議(共産)に対し、教員の名前や学校名を聞き出そうとしていたことがわかった。共産党市議団(3人)は24日、「教職員の信条や価値観の自由を抑圧する」として、藤迫稔・市教育長に抗議文を出した。  共産党市議団と市教委によると、村川市議は今月5日の一般質問で、府内の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/30 17:57
突然のサマータイム?
 安部さんが2020年の東京オリンピックにかこつけて、サマータイムの導入について自民党に検討するよう指示したと報じられている。  日本では戦後の占領下に4年間だけGHQ指導で実施されたということだが、国民にはなじまず不評で、ほとんどメリットはないということで、わずか4回実施されただけで1952年に廃止されている。大作「橋のない川」を著した住井すゑさんの、確か大人のための童話だったと思うが、戦後の農村でのサマータイムを皮肉った「さんまタイム」という話を読んだことを思い出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/12 14:08
翁長知事への感謝
 昨日、翁長雄志沖縄県知事の急逝が報道された。本当にびっくりし大きなショックを受けた。そんなに病状が悪化していたとはつゆ知らなかった。この間も6月23日の沖縄全戦没者追悼式典での平和宣言や7月27日の辺野古埋め立て承認撤回手続き開始の記者会見など、命をかけての訴えが昨日の出来事のように思い出された。昨晩はツイッターなどをたどり、知事当選の夜に奥さんと交わした「とにかく新基地は造らせない。でも、もし万策尽きたら、その時は2人で座り込もうな」という言葉に堅い覚悟を感じ感動した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/09 13:07
書類の元号表記に思う
 先日新しい健康保険証が市役所から送られてきた。有効期限を見ると、平成31年7月31日となっていた。ええっ!と驚いた。平成は31年4月30日で終わりじゃなかったの?  実は今から30年ちょっと前の1980年代にも同じようなことを経験した。昭和から平成に変わろうという時期のことだが、主に政府や地方自治体の文章には当然のように昭和70年などと記してあり、公文書の記載として適切なのだろうかと疑問に感じていた。しかし昭和の場合は何年まで続くか誰にもわからないわけだから、どうしても元号表記にするというこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/01 18:05
マルクスと日本共産党の未来社会論
今年3度目の入院  7月21日のブログを書いた2日後、今年3回目の入院になった。1週間ほどということで、視覚障害者のためのサピエ図書館で4冊の音声図書をダウンロードして持って行った。文学作品2冊と、前の日本共産党議長で今は社会科学研究所長である不破哲三さんの2冊を、部分的に何回も聴き直したところもあるが、それぞれほぼ2回ずつは聴いたが、それでも時間を持て余してしまった。いろいろ書きたいこともあるが、今回は不破さんが2009年に平凡社新書として出した「マルクスは生きている」という、マルクスの理論... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/30 23:08
戦後最悪たる安倍政権の全体像を示した163分
 第196回国会最終盤の7月20日、5野党1会派が内閣不信任決議案を提出した。趣旨説明を行った枝野さんは2015年9月18日、平和安全法制=戦争法が強行される直前の安倍内閣不信任案でも趣旨説明に立っているが、そのときの105分を大幅に超える、記録が残る1972年以降で最長となる163分にわたるものだった。不信任の理由を大きく7つにくくって、わかりやすく迫力もある演説であった。日頃から考え準備していたのであろうか、聴いていても頭に抵抗なくすうっと入ってきた。この内閣のモリカケ問題をはじめとした行政... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/21 22:47
立憲野党は次の国政選挙に向け本気の共闘を!
 私には最近の政権の中で、いや、もしかしたら戦後の内閣の中でも最悪に見える安倍内閣が5年半も続いている。安部さんに変わる人がいないからとか、株価も高止まり(実際には日銀や年金資金で買い支え?)しているからとか、いろいろいわれているようだ。日本共産党の志位和夫委員長が7月6日にツイッターで、 安倍政権5年半。権力を維持してきた方法は、 1、次々に目先を変え国民に自分たちの悪事を忘れさせる。 2、「数の力」で強権を振るい国民に諦めさせる。 3、国民のなかにさまざまな分断と対立を持ち込む。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/08 21:05
国民をなめるな、国民はだまされない・諦めない、声を上げ続けよう
 森友疑惑や加計疑惑での安倍首相の国会答弁を聞いていて感じるのは、質問にまともに答えない、質問者を攻撃する、大見得を切る、平然としてあり得ないようなこと(うそ?)をいう等々、国民をなめた不誠実な態度です。特にひどかったのが、加計学園の獣医学部新設計画を知ったのは学園が事業者に決まった2017年1月20日という答弁です。この答弁について、2017年7月31日付けの東京新聞朝刊では、「首相は学園の加計孝太郎理事長を『腹心の友』と認める仲のため、業者による供応などを禁じた『大臣規範』への抵触を恐れたの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/12 22:01
再度、日航123便墜落事故について
 この4月から先日まで2度にわたって入院する羽目になった。入院中はできることも限られ、残された貴重な時間を無駄にしたくないという気持ちも強く、これまで図書館職員やボランティアの方々が朗読された書籍の音声データの中から、面白かった記憶が残っているいくつかを聞き直すことにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/31 23:14
安倍政権に見切りをつけるとき
 昨日3月27日に国会で行われた証人喚問での佐川さんの証言には、驚きとともに異様さを感じた。国民が一番知りたいと思っていたこと、森友関連の文書がどんな目的で改ざんや削除が行われたのか、刑法に抵触するにとどまらず民主主義の根幹に関わる公文書を誰の指示で変えたのか、そこに政治家や官邸の関わりや圧力がなかったかなど、「刑事訴追の恐れ」を連発して一切答えなかったこと。一方で、安倍首相や昭恵夫人の関与については「ございません」と言い切ったことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/28 22:07
現職自衛官の裁判と安倍政権
 インターネットが普及したおかげで、その気になればたくさんの情報が得られる時代になった。少し前まではテレビ中継がなければわからなかった国会の質疑も、ほとんどすべてを見ることができるようになった。いま開かれている国会のネット中継を見て、安部さんをはじめとする多くの閣僚や政府関係者の答弁のひどさ・お粗末さにあきれることもしばしばである。戦後70年余にわたって積み上げられてきた民主主義や良心・公正さなどが音を立てて崩れてしまうのではないかという危機感がひたひたと押し寄せてきている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/19 23:09
日航123便墜落事故に思う
 遅くなりましたが、新年おめでとうございます。ゆっくりかもしれませんが、今年もブログを更新していきたいと思います。感想やご意見などお寄せいただければ励みになると思います。よろしくお願いします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 00:10
「蜜蜂と遠雷」に明るい光を見た
 しばらく更新ができず、まもなく年も変わろうかという時期になってしまった。今回は政治から離れて、やっと読むことができた、正確には聴くことができた、恩田陸さんの小説「蜜蜂と遠雷」について書こうと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/24 14:36
未来を開く確かな一歩
 総選挙が終わって、やっとブログの更新をすることができた。この選挙で私は憲法と民主主義に基づくまっとうな政治を取り戻す流れを大きくしたいと、これまで市民と野党の共同・共闘を誠実にすすめてきている日本共産党を応援して、ささやかながら活動したつもりである。日本共産党が議席を減らしてしまったのは残念だが、立憲主義と民主主義を守り発展させていこうという勢力が衆議院で一定の議席を確保できたことは、今後の情勢の展開にも大きな力になると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/23 23:39
明るい未来が開けつつある
 もやもやしていた気持ちがすっきりしてきた。多くの困難もあっただろうが、周りの期待や激励を受けて、枝野幸男さんを中心に立憲民主党が立ち上がった。5日付の朝日新聞の世論調査報道では、立憲民主党への四時が7%と出ていた。立党直後としては、なかなかの数字だと思う。みなさんご承知のとおり、民進党は右から中道・リベラルといわれる人まで、実に“多様”な集団だったが、立憲民主党は、少なくとも、これまで市民と立憲野党がすすめてきた、安倍政権での憲法改定に反対し、憲法違反の戦争法や共謀罪法の廃止といった基本政策を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/06 22:23
政治を変えるチャンス広がる――はっきりしてきた選挙の構図
 混沌としているように見えていた総選挙の様相がはっきりしてきた。小池東京都知事が代表の「希望の党」は、根幹の政策で自民党と変わりがないことが明らかになった。9条を含む憲法改定を主張していること、自衛隊が海外で戦争できるようにした、多くの憲法学者も憲法違反といっている、あの安保法=戦争法を容認していること。この2点は、紛れもなく自民党、否、超右翼であることを露呈していると思う。小池さんは日本会議のメンバーで、かつてアンケートで日本の核武装について「国際情勢によっては検討すべきだ」と回答していたとい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/02 14:29

続きを見る

トップへ

月別リンク

見聞き感じたままを率直に冷静に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる